22 March 2010

ブリテン島のフットボール

また、旅行記をすぐに見たい方は・・・

Hello! Britainholic!!

をご覧ください☆



フットボール。
イギリスを語るならば、このスポーツを抜きに語る事なんてできない。
とはいうものの、ボクがこの深遠なテーマを語るなんて、数多く活躍されているフットボール・ライターに対して、とてもおこがましいと思うのだが、イギリスの各地方に滞在してみて現地の人達に聞いてみたことを、率直に書いてみたいと思う。

ロンドン在住の友人であるジェームスは、ブレントフォードFCのサポーターである。
ブレントフォードFCとは、東ロンドンを本拠地に構えるフットボール・クラブで、1904年創立の地元に根付いたフットボール・クラブである。
そのブレントフォード、現在のカテゴリーはリーグ1(3部)。(プレミア・リーグ→チャンピオンシップの次のカテゴリー)

*ちなみに彼に話を聞いた時は、2008年でリーグ2(4部)に所属していたが、シーズンを優勝して、現在はリーグ1に昇格している。

彼に恐る恐る尋ねてみた。
何故、他にもロンドンには沢山の強豪クラブがあるのに、「こんな聞いたことのない」チームをサポートしているのかと。

彼は躊躇なく答えた。
「ここがオレの町のクラブだからだ」

イギリス人は「おらが街のフットボール・クラブ」をこよなく愛している。
有名人を例に挙げると・・・
ロッド・スチュワードはグラスゴー・レンジャーズ、エルトン・ジョンはワトフォード、オアシスはマンチェスター・シティ(前ホーム・スタジアムであった「メイン・ロード・スタジアム」で1996年に凱旋ライブをおこなった)。ポール・ウェラーはロンドン・チェルシーFC、スティングはニュー・キャッスル、ロビー・ウィリアムスなんて、地元ストークにあるポート・ヴェールという弱小クラブの株主になった程の入れ込みよう。



そして、リバプールっ子であったビートルズも、大のサッカー好き。
ジョン・ジョージ・リンゴの3人(アイリッシュ系)はリバプールFCサポーターで、ポールはエバートンFCのサポーター。
有名な噂話として、通称「赤盤」「青盤」と呼ばれているビートルズのベストアルバムを発売しているが、アルバム・カヴァーの色は、リバプールの「赤」、エバートンの「青」から由来しているのではないのか?と、憶測がある位である。

また、スコットランド・エディンバラ在住の友人と話をしたところ、「サポートしているのは、グラスゴー・レンジャーズ。イングランドのチームだと、フランス人のアーセン・ベンゲルが監督を務めているアーセナルかな。」と、興味深いことを話してくれた。

スコットランド人は、イングランドに対して、未だに強い敵対心を持っているように感じる。
そして同時に、17世紀のスコットランドとイングランドとの戦いに応戦してくれたフランスに対しては好意を抱いている。

おもしろいエピソードを聞いたことがある。
2008年サッカー・ワールドカップ決勝、フランス対イタリア戦。
イングランド人は、心底憎んでいるフランスが敗北する為に、イタリアを皆応援していて、対するスコットランド人はフランスを応援していた。
フランスの象徴、ジダンの退場劇があった等、大荒れの試合展開だったが、PK戦にまでもつれ込んで、最終的にイタリアが勝利。

そしてこの瞬間、イギリス国内の電気消費量がピークを迎えた。
理由はひとつ。
試合を見終わった後、紅茶を飲む為に、イギリス国民の大多数が一斉に電気ポットのスイッチを入れたからである。

話しが逸れてしまった。(でも、いかにもイギリスっぽい話だったので記載してしまった)
彼に「何故、わざわざアーセナルなの?」と、深くは尋ねなかったが、きっとそういった歴史的背景が根底にあって、フランス人が指揮しているクラブを贔屓にしてしまっているのかな?と、勝手ながら推測してしまった。

地元のフットボール・クラブに執着しつつ、過去の歴史を決して忘れない「イギリス・サポーター」。
だからこそ、彼らのチャント(応援)は、地を這うような野太さでスタジアムに響き渡り、所属しているカテゴリーなんて関係なく、おらが街の誇りとして、民族の誇りとして、そして自身の家系が脈々と愛してきたフットボール・クラブを伝承し、息子の代にも繋がるように、サポートし続けているのであろう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

4 March 2010

ENGLAND ROCKS!


実は黙っていたことがあった。
3回かけて紆余曲折を経て、UKロックの名所を自分なりに探し求めて、時にヒトに尋ねたり、時にヒトに騙されて、真逆の方向へ進んでしまったり・・・^^;

しかし、ここのHPの存在さえ知っていれば、そんな苦労は全くしなくて済んだ(ToT)

England Rocks!


ああ、3回目の訪英帰国後に、ここの存在を知ってしまいました・・・。
内容がイングランド観光局なだけに(!?)、ハンパではない。

例えば、ジミ・ヘンドリックスが1960年代に住んでいたロンドンの住居の場所とか、バーミンガムにあるニック・ドレイクの墓とか等・・・当然ビートルズ関連も盛り沢山。

いやいや、こいつを見たら、またまたイギリスに行きたくなってしまった(汗)

しかし!マンチェスターとリバプールに関しては当ブログの方が詳しいな^^と、自画自賛。
イギリスに行かれる、ロック・マニア必見のHPです。
(ちなみにスコットランドとかウェールズなどはございませんので、あしからず)






にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

29 December 2009

London 3-1 : 長い入国審査 - そして30分だけのロンドン観光


3-1 : Only 30 minites...Sightseeing in London


またまたまた(!?)ロンドン・ヒースロー空港行きの飛行機に乗ってしまいました・・・。
3度目のブリティッシュ・エアウェイズ。
BAの機内食は正直言って「・・・」なので、搭乗前にアジアンフード(辛いヤツ)を依頼していた。
なかなかおいしかったです(^^)/

快適な飛行機のおかげで、特に疲れずにヒースローに到着。

ヒースロー→アバディーン行きの飛行機がPM8時頃だったので、1~2時間は観光できるかな?と思い、入国審査へ・・・。

審査官の質問も慌てずに回答でき、心の中で「英語力が発達してきたのかな?」と感じていた。
しかし、次から次へと質問責め・・・。その都度回答出来てきたが、何故か別室に連れていかれることになってしまった。

手荷物を全部検査され、旅程を全て聞かれる。

さすがに頭に来て、

「何か俺は悪い事したか?何故ここでチェックするのか教えろ!」

本当は教えて下さい・・・と弱めの口調で悪態をつく)

「だって、あなた半年で3回も来ているからよ」

と審査官が回答。

まあ疑われるわな、ごもっともだ(苦笑)

そして何故か6か月ビザを発行されて、解放されたのがPM4時過ぎ。
ピカデリー線でCity Centreまで片道1時間、逆算すると1時間も滞在できない・・・。

最初はハイド・パークからロイヤル・アルバート・ホールなどを見学しようと思ったら、ハイド・パーク駅は黒山の人だかり・・・。
どうやら、何かイベントがあったのかな。

そして、ある人に「行ったことないのー?」と小馬鹿にされた場所、
ロンドン観光定番スポット、コヴェント・ガーデンに向かうことにした。


さすが、夕方前ということもあって、多くの観光客で賑わっていた。
地下鉄を降り。人の流れに身を任せてみると、かのコベント・ガーデンが姿を現した。



数多くの大道芸人がパフォーマンスを披露していた。
ジャグリングやサーカス顔負けのショー等・・・。
確かに楽しめる場所だね。


そして、ガーデンの中へ。
可愛らしいお店が並び、アンティークや食品店など覗いているだけで楽しい。
中心部はピアーと呼ばれる広場で、コーヒーや紅茶を飲みながら、寛いでいる。


そして、民族音楽の演奏が広場の脇で演奏していた・・・。
階上でのんびり聴いていて、改めてイギリスにやってきたのだな、と思えた。


コベント・ガーデンを出てビッグ・ベンに向かおうとした後、予期もせぬ事件が・・・





↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

27 December 2009

London 3 -2 : ストリートファイト in ロンドン


2 : London Fighting



コヴェント・ガーデンの大道芸人のショーを見終わった後、ビッグ・ベンに向かって歩いていくことにした。
懐かしのトラファルガー広場やチャリング・クロス駅を通過したあたりに、可愛らしい小路があったので、立ち寄ってみることに。


小路の景色が何とも可愛らしかったので、シャッターを切ろうとしたら・・・

「No~」

と言いながら、ビールを片手に持った小汚いおっさんが、レンズに手をかざして邪魔をした。
それだけだったら、別に何ともない事だが、

さらにそのおっさんが何か訳のわからない事を言いながら、

なんと俺の顔にグーでパンチしてきた!

ここで引き下がっては日本男子の名が廃る。

英国野郎なんかに舐められたくないので、

そいつの腹めがげて、思いっきりキックした!!
(そしてヤツの持っていたビールがジャバーと服にこぼれた…)

こっちに向かってきて、取っ組み合いになるかと思ったが、

「Fighting?・・・(あとは聞き取り不能、恐らく悪口)」

って煽ってきたが、なかなかこっちに近づいてこない。

「こいつ躊躇しているな」、と思い大声で

「Fxxk You!」

と紳士淑女の国イギリスの首都、ロンドンのど真ん中で叫び、人差し指と中指を突き立てて悠然とその場を離れた・・・。
野次馬がいつの間にか増えていたし、警察沙汰になったら大変だったので、極めて賢明な処置であった(笑・・・ちなみに99.9%実話です。)



本当にこの日のロンドンは何かに呪われていたかのように、色々な事が起きた。
ところでここは何という名の通りなのだろう?


道路の真ん中に悠然と立つビッグ・ベン。
時計を良く見ると6時を指している。私は速足でこの道をまっすぐ進み、ビッグ・ベンの近くにあるウェストミンスター駅からヒースローに戻った。


滞在時間(コヴェント・ガーデン~ビッグ・ベン迄)僅か31分間のロンドン滞在だった・・・(涙)
(でも写真だけ見ると半日位滞在しているように感じませんか^^)




↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

24 December 2009

Edinburgh 2-1 : エディンバラへ再び

Back to Edinburgh Again!



アバディーン出発の朝は視界を遮るほどの霧に包まれていた。
しかし、帰国する連れを空港まで見送ってお別れした後、市内にあるバスステーションに向かう頃には一転して青空になっていた(笑)

Aberdeen Rail Station


アバディーン駅から徒歩5分程度のところにコーチステーションがある。
ここから、ダンディーという街経由でエディンバラまでバスで移動。

料金はわずか4ポンド。
日本国内を旅行するより、よほど安上がりなのでは?と錯覚してしまう。

ダンディーというなかなか味わい深い港町を経由すること4時間強。
ようやくエディンバラに到着。
アンドリュー・スクエア・コーチステーション内はコインロッカーが充実していて、観光案内所もあり便利。
翌日はここに大荷物を預けよう。

Royal Terrace


セピア色がかった古い建築物を眺めていると、「ああ、エディンバラに戻ってきたんだな」と再び感動。
愛している街にいると足取りも軽くなり、B&Bまで歩いていくことにしたのだが・・・。
さすがに10kg強の荷物を背負って、2マイル強歩くのはしんどい。
やっとのことで、B&Bに到着してしばし睡眠・・・。

Claremont Park (1)

このB&Bの真ん前は大きな公園。
夜7時過ぎているのにこの明るさ・・・。サマータイムを導入するのも納得がいく。

Claremont Park (2)

広大な芝生の上で、みんなサッカーをしたり犬の散歩をしたり、気ままに過ごしている。
私も芝生の上でゴロンと寝転んだり、近所の住民の子と少しだけサッカーボールを蹴ったりして遊んでいた。

Round About

エディンバラの中心地から離れているが、物寂しい雰囲気もなく静かで居心地が良い。
しかし翌日の夜にはアイルランドに行くので、1泊のみの滞在…。
3泊位したかったな。


Scottish Pub


宿の近所にパブがあったので入店。
ビールと食事をオーダーする。
再びScotlandに来るチャンスがあるか分からないので、スコットランド郷土料理である「ハギス(Haggis)」に挑戦してみることに。

Haggis


ハギスとは羊の内臓をミンチ状にして、穀物を加えて羊の胃袋に詰めて茹で上げたもの。
結構抵抗のある人も多く、所謂「珍味」という感じなのか。
感想は、香辛料が効いていて生臭くも感じないし、なかなか美味であった。


他にもフィッシュ&チップス(こいつはまずかった)を食し、おなかも満足し宿に戻って就寝。
翌日の観光が楽しみ!!


↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ