7 March 2009

Day 5 :Liverpool (Mathew St. & Albart Dock)

朝食を摂るために、レストランに向かったら、何と昨夜ライブを観たSpectrum御一行が食事していた・・・(笑)

どうやら、同じホテルに宿泊していたらしい。

昨年の滞在時は、Strawberry FieldやPenny Lane、各メンバーの生家に行ったので、今回はリバプールの街並み中心に観光してみることに。

まず、訪れた場所はMathew Street。

朝10時頃だからなのか、殆ど人が歩いていない。
ちなみに天候はどんより曇り空。空気がやけにひんやりと感じる。

Mathew Street

The Beatles Shop

The Grapes & Lennon's Bar


Cavern Pub

マシューストリートを抜けて、マージー川に向かうと、Pier Headに到着した。
昨年の訪問時は、此処は補修中でよく見えなかったが、今回はバッチリ見ることができた。
赤茶色中心のリバプールの建物の中にあって、ここの建物は白くて美しい。

Port of Liverpool

Albert Dock

Albert Dockまで順調であったが、館内にある「タイタニック博物館」内を見学しようとしたら、思いっきり吐き気と目眩に襲われてしまった・・・。

風邪はひいていないので、考えられるのはただひとつ。
昨夜遅く食べた「ケンタッキー・フライド・チキン(もどき)」しかない!!

ここUKには、何故かケンタッキー・フライド・チキン(もどき)がたくさんある。
一文字だけ変えたり、微妙にロゴが変わっていたり…。
やはり、食事はちゃんとしたところで摂らねばいけないな、と実感した。

The Beatles Story

Dock内のベンチにずーっと腰かけて、休んだら多少気分が晴れた…。
The Beatles Story内にあるFab Storeでビートルズ関連のグッズを購入。

しかし、博物館内には入らなかった。
多分、さいたま市が世界に誇れる2つのうちのひとつ「John Lennon Museum」(もうひとつは浦和レッズ)の展示規模と同等レベルだろうと思ったから。

もしリバプール、もしくはビートルズに興味があるならば、まずはJohn Lennon Museumに絶対行くべきだと思う。展示物は充実しているし、リバプールのこともよく理解できると思うからだ。
閑散としているあそこを見る度に悲しい気分になる…。

Magical Mystery Tour Bus

Yellow Submarine

Magical Mystery TourバスもYellow Submarineバスも定期的に運行♪
実際みるととても可愛らしい(笑)

Paradise Street

その後、リバプール大聖堂など観光したかったが、体調不良で断念・・・。

ホテルへの帰り道、この通りにある本屋さんを覗いてみたら、
なんとJohn Lennonの数百ページにも及ぶ写真集が在庫一掃セールで1.5ポンド!
24 Hour Party Peopleの洋書が3ポンド!で売られていた。
普通ならば一冊数千円はすると思う。
即買いしたが、荷物になった…(涙)
バック・パッカーには少々辛い。

夜の部も特に観たいライブもなく、明日のEverton戦に向けて体力を温存することにした。



↓↓ よろしければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment