28 February 2009

Day 8 :Manchester (Wintersleep@Roadhouse, Manchester)


Wintersleep : Live at Roadhouse, Manchester



Glasgow出発の朝、George Squareのベンチに腰かけてスコットランドが生んだ偉大なバンドの一つであるPrimal Screamを聴きながらぼーっとしていた。

Cloudy with Drizzle(霧がかった曇り)の天候がしばらく続いているが、これがこの国の普通の天気。
受け入れていこう。

Glasgow Central Station

10:00頃発、マンチェスター行きの特急列車に乗る。

指定席で、「周りは静かに」というリクエストを出したら、隣はおろか前後の席まで席が押えられていた。
ちなみに運賃は14ポンド!

よく分からない運賃体系だ。

Express calling at Manchester


列車に揺られること3時間半。
湖水地方やボルトン、ウィガンを通り抜け目的地であるManchester Picadelly駅に降りる。

相変わらずの人の多さ!

ピカデリー広場には多くの観光客と若者が集まり、目抜き通りであるMarket Streetには平日だというのに人がごったがえしている。

2度目のマンチェスター訪問なので、ホテルに向かうのも容易だった。

今回宿泊したホテルはBritania Hotelで、建物自体は産業革命当時の世界最大規模の紡績会社の建屋を改築したもの。

Britania Hotel (1)

エントランスにある豪華なシャンデリアと吹きぬけの階段が美しい!
ここが1泊45ポンド(当時だと約5800円)で宿泊できるのだから儲けもの。

Britania Hotel (2)


夕方はLastfmという世界的な音楽サイトで知り合った友人と久々の再会し、食事した。

彼女はアジア系なのだが、さすがに何時間も英語で話すのは疲れた…けど、理解しあうことが出来たのだから、僕の英語も多少は進歩したのだろう(笑)

友人は昨夜に僕がグラスゴーで観たMagazineを観るためお別れ。
今夜僕が参加するRoundhouseというVenueまで案内してもらい、バイバイした。

「またここ(UK)に来るんでしょ?」
と言われたけど、
「Absolutely Not!」と言って断った(笑)

See ya in Japan!と言って互いに別れたが、2度あることは3度あるという諺もあるし・・・。

Roadhouse(Venue)

今夜はWintersleepというカナダ産バンドのライブ。

当初の予定であれば、今夜はマンチェスターユナイテッドの試合がある予定で、翌日にAcademyというVenueでTrickyというアーティストを観る予定であったが、Man-U戦がSirアレックス(Man-Uの監督)の一言で日程が翌日に延期・・・。

おかげでTrickyのチケットが無駄になった(涙)

仕方なく色々検索してみたが、特に観たいのもなく、たまたまWintersleepをLastfmで聴いてみたら、いい感じだったので行ってみることにした。

入場料は5ポンド程度。
暇つぶしには丁度いいだろう。

Wintersleep


前座のバンドが終了し、Wintersleepの登場。

ジャマイカ産のRed Stripeというビールを飲みつつ、期待半分で観ていたがかなりかっこいい!
ノイジーなサウンドにDeath Cab for Cutieのような美しいメロディーラインは私好み。

このようなバンドは日本に住んでいるとなかなか観ることが出来ないからいい体験をさせてもらった。

Venueの雰囲気もいかにも老舗のライブハウスの佇まいで少し危険な香りがして、妙に心地よい(笑)

終演後に彼らのCDを買ってしまいました(笑)


Jimi in Manchester


いよいよ明日は、この旅のハイライトであるMan-U戦!
またこの街で是非観たいところに行こうと思っている。
わくわく。


↓↓ よろしければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment