26 February 2009

Day 9-2 :Manchester (マンチェスターの街並み・・・1)


2. 産業革命発祥の地を歩く

昨年は2日間滞在したが、観光らしい観光といえばマンチェスターユナイテッドの本拠地、オールド・トラッフォード位しか行っていなく、あとはライブ・ライブの日々だったので、今回は一日かけてのんびり散策したかった。

ということで、Haciendaの横を流れているBridge Water Canalを歩いてみる。

Bridgewater Canal

この運河は、オールド・トラッフォードから港町リバプールを流れている大きい運河Manchester Ship Canalに繋がっている。
また、場所が場所なだけに、数十年前は「色々な」取引が行われていたりして怖い場所だったんだろうな・・・。

Castle Field

ここは、Granada TVの近くのCastle Fieldという運河関連の施設。
赤煉瓦の建物と後ろに建っている高層ビルのアンバランスさが何ともいえない(笑)

In Museum of Science & Industry in Manchester

ここは、「マンチェスター栄光の日々」であった産業革命時の工業機械や設備などが多く並んでいた。
イギリスは(殆どの)博物館や美術館は無料。

興味深い展示物もあったが、時間もなかったのでここは軽くスル―(笑)

Manchester City Hall

この運河あたりから前回のブログでも記載したFree Trade Hall等が建っている地区(Petersfield)は恐らく旧市街的な位置付けなのだろう。

近代ヨーロッパ調の建築物が多く並んでおり、通行人が多く行き交うピカデリー広場付近とは趣が違って、落ち着いた雰囲気。
こんな所があったんだ~☆と少しホッとした(笑)

Cen Lib & Theatre


St. Peter Squareにある円形状の建築物がとても可愛い。
この交差点から眺める景色は、産業革命時活況に沸いたマンチェスターの雰囲気を感じとることができる。

St. Peter's Square

トラム(路面電車)の線路と景色がとても趣がある。
中世風の街並みも素敵だが、近代ヨーロッパ風の雰囲気も私は大好きである。

(つづく)




↓↓ よろしければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment