9 July 2009

Inverness : 黒魔術とネス湖の街


Driving North! - To Inverness


昨夜の友人との飲みのせいで、完全に二日酔い…。
しばらくギネス・ビールは見たくない位に飲んでしまい、シャーラタンズのGIGで盛り上がりすぎてしまい、かなり辛い状態。

この日はインヴァネスへ移動。
移動手段はレンタカー…。少し怖いが、過去にオーストラリアでラウンド・アバウトも経験しているので、自信はないが気をつければ大丈夫のはず。
市街地のレンタカー店はオフシーズン(10月~3月)はお休みの為、車を取りに行くためにエディンバラ空港まで移動せねばならない。
幸い宿の目の前に丁度良い時間に空港行きの路線バスの停留所があったので、利用することにした。
それにしてもエディンバラはもっと滞在したかったな…(涙)後ろ髪をひかれる気分とは、正にこんな気持ちなのだろう。

video

ダブルデッカーの2階最前列に座ってしまった為、揺れがひどくて気持ち悪さに拍車がかかっていた。 バスは市内をくまなく遠回りしながら走っていたので、えらく時間がかかった。
しかし運賃は約1ポンド…文句はいわない。
空港に到着してレンタカーを受け取り、ハイランドの玄関口インヴァネスへ出発!

愛車(Ford Focus)


エディンバラからインヴァネスまで154マイル(約250km)の道のり。
ざっと東京~福島間位かな?
車からの景色は…運転することに集中していた為、トイレ休憩以外は殆ど立ち止まらず、宿に突き進んでいた為、見ることはできなかった。

おまけに10年ぶり位のミッションでのドライブ。坂道が多くて始めのうちは何回も坂道エンストをしてしまった(笑)


Taigh na Teile (Bed and Breakfast)


やっとこさ、インヴァネスの宿泊地に到着。ここのB&Bは広々としたロビーが清潔できれい!
野郎独りで泊まるのが恥ずかしくなる位、可愛らしい(汗)
窓からはガーデンとネス河が見ることが出来て、心がリラックスすることが出来たB&Bだった。

Inverness Castle
可愛らしいインヴァネス城。

Bank Ness
城の高台からみたネス川。やはり神秘的な雰囲気。
Inverness City

街全体が小ぢんまりとしていて、落ち着くがこういう街は夜も早い。
殆どのお店は夕方6時になったら、閉店ガラガラ状態。
レストランで食事を済ませ、B&Bの部屋で今までの旅の疲れを取ることにした。

Night View of Bank Ness


この町には黒魔術で有名なアレスター・クロウリーの屋敷(のちにレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが買い取ったんだっけ?…確か。間違えていたらご指摘を)があるのだが、この地に滞在していた時はそんなことすっかりと忘れていた(汗)。

探してみたかったな…。かなり後悔(涙)


この日の走行距離:154マイル(250km)




↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. Miyaさん、こんにちは。
    最後の写真、いいですね~。
    ジミーペイジが、黒魔術の館を買ったんですか?
    すごいです。。。
    最近、写真で見た「普通のおじさん」のようなジミーペイジと
    黒魔術のイメージが結びつきませんね。

    ReplyDelete
  2. そうなんですよ。
    インヴァネスの近く(?)のネス湖畔なのですが、クロウリーが多くの魔術実験を行ったといわれる別荘「ボレスキンハウス」を1970年代に一時期ジミーが所有していたらしいですよ!
    リッチーブラックモアは深く黒魔術に傾倒していましたが、ジミーペイジは「時代の流行」的にハマっていたらしいです!

    ReplyDelete