3 July 2009

Fort William -2 : 素敵な吊り橋と美しい虹


2. To Fort William

ネス湖を通過し、さらにA82を南下するとOichという名の町に辿り着いた。
通常であるならば、素通りしてしまうような小さな集落なのだが、車中から見えた吊り橋を少し渡りたくなったので、車を止めてみることにした。

Bridge of Oich


吊り橋から見る川は、水が脈々と溢れんばかりに流れていて、とても美しい。
人の手が一切加わっていない自然な川の流れ。更に川の水が墨汁のように漆黒色に見える。
しかし川辺で水をすくってみると、非常に透明。
恐らく川底に藻が育っていて、こういう風に見えるのだと思うのだが、青々とした木々と漆黒色の川の水とのコンストラストがあまりにも鮮やかである。

Loch Oich

この風景は、まさに手つかずの原野の中にある湖のよう。
満々と貯えられた湖水の中に生えている木々も、とても美しい。
名もないに等しい場所だが、心に深く刻み込められた地であった。

Caledonian Canal

そして、すぐ近くにネス湖とOich湖を結ぶ運河があった。
運河に浮かぶ船が何とも可愛らしい。
さらに車を南下させる。

フォート・ウィリアム到着!

Oich湖から走ること約1時間30分(ぶっ飛ばしたけど…笑)。
ハイランズの旅における拠点地、フォート・ウィリアムに到着。

Loch Linnhe(Fort Willam)

フォート・ウィリアムスは、スコットランドでも有数の保養地であるし、この地区の中心地でもある。
特に目新しいアトラクションやプレイスポット等はないが、この景色を眺めているだけで充分心が癒される。

Rainbow!


B&Bにチェックインし、溜まった衣類の洗濯をして、ふとタバコを吸いに外に出たら、私の頭上に大きな虹が出ていた!

まるで、この地が私の来訪を歓迎するかの如く。
とても心を満たされた感動的な瞬間だった。

-この日の走行距離:121マイル(194km)
累計:546マイル(873km)



↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment