21 December 2009

Edinburgh 2-3 : エディンバラのこわーい教会


2-3 : Greyfriars Kirk



Candlemaker Row

グラスマーケットというセンスの良い街に向かうこの道の隣りに何やら怪しげな雰囲気を醸し出している教会があった。

Gleyfriars Kirk (1)

そこはGleyfriars Kirkと呼ばれる1602年創立の古い教会。
今までの街並みの雰囲気と違い、何とも不気味な雰囲気を醸し出していた。

Greyfriars kirk (2)

正面の壁に掲げられていたドクロ模様のプレートを見て、鳥肌が立つ程の寒気を感じた・・・。
夜に独りでこのプレートを見たら、卒倒してしまうだろう。
ちなみに意味は分かりません・・・。

Greyfriars Kirk (3)

そして裏手にある天使とドクロのプレート。
よく目を凝らしてみると、天使の体に何やら書いてある・・・。(私には解読不能)

「怖いよ~(涙)」

この教会について調べてみたのだが、
「裏の墓地には噂によると悪名高い"「血まみれ」ジョージ・マッケンジー"の幽霊がうろついていて、彼の霊にあうとケガしたり擦り傷などが出来るらしい(超適当な和訳)」って書いてある・・・。

さらにここの教会の下にあるグラス・マーケット(次回紹介予定)は、
公開処刑場があった場所らしい・・・(冷汗)

George Heriot's School & Edinburgh Castle from Kirkyard


さすがに、Kirkyardの写真は畏れ多くて撮ることができなかったが、墓地から見たお城と学校(墓地の隣り!で1628年創立)の写真で雰囲気を味わいください。

因みにこんな話もある。
ここの教会の牧師であったジョン・グレイに飼われていた犬が、彼の死後にずっと主人の墓の傍らで墓を守っていたという。
その牧師さんと忠犬ボビーの墓もここのKirkyardにあるらしい。

怖いホラー話と心温まる逸話が混じったこの教会。エディンバラに来た際には是非立ち寄ってみてください(!?)

↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

1 comment:

  1. Hello it´s with a very pleasure that I invite you to visit my artistic work at:
    www.ruisousaartworks.blogspot.com
    Regards and Hugs.

    Rui Sousa

    ReplyDelete