9 December 2009

Belfast -4 : ベルファスト城


4 : Belfast Castle


ベルファスト中心街にある観光案内所でもらった地図でベルファスト城なるものを発見。

特に行きたい場所もないし、大学とか退屈な博物館などに行っても仕方ないし、観覧車なんて乗っても・・・と思い、試しにこのお城へ行ってみることにした。

City Hallにあるバスステーションで路線バスの運転手に確認して、いざ乗車。
上り坂を登っていくと、突然運転手が声を出して合図してくれた。

イギリスの路線バスは、殆ど自動アナウンスなどない。
代わりに「○×まで連れて行って下さい」と伝えれば、必ず何らか合図を出してくれて最寄りのバス停に停まってくれる。

ちなみに途中のバス停でドアが開き、出発してもたまに閉めないで走る運転手もいるのでご注意を(笑)

最寄りのバス停で降ろしてもらい、さらに「次の道を左折して云々・・・」とご丁寧に城までの行き方も教えてくれた。
Thank You! Driver!!


細長い坂道を数百mほど登る。市内でビールを何杯も飲んでいたので、酔いさましには丁度良い。
緑深い森の中に入り、木々の揺れる音や小川のせせらぎ、小鳥のさえずりを聞いていると不思議と心が落ち着く。

Belfast Castle

そして、歩く事10分強。
ベルファスト城に到着!

この城は12世紀にノルマン人によって建設され、その後1611年にベルファストの領主であったSir Authur Chichesterによって、石と木材を利用して再建。
しかし100年後に火事により消滅。跡地のまま残っていたが、Donegall第3代侯爵により、スコティッシュ調の城の建造を1870年に再度建設されたという建物である。

(北アイルランド地方については充分な日本語資料が殆どない為、殆ど自分で和訳しています。フィーリングで訳してますので、今後も含めて間違えていたらすいません・・・)

The Garden



この城は居住用として建造されたものであるため、城内は正直いってあまりおもしろしくない。(しかし、入場無料でレストランなどもある)
しかし城内の庭園は4月中旬という時期も重なっていてか、花がとてもきれいで、猫にカットされた木がかわいい!!
とてもよく手入れもよくされていて、本当に寛げることが出来た。


城の裏手から見下ろす。
とてもチャーミング。このようなところで住んでみたい!!
城の上からはベルファスト市街が一望できて、眺めも最高。


そして、城の裏手の(例の)Cave Hillへ軽いトレッキングをしてみる。
頂上には、手つかずのストーンサークルや先住民族の遺跡があるらしいのだが、夕方近くだったし、お酒も飲んでいたので登頂は諦めた(笑)



何気ない木々や苔などの森林の風景だが、僕は光り輝くネオンに包まれたお洒落な景色より、こっちの方が大好き。
雫がキラキラと輝き、マイナスイオンが大量に放出されているこの地で、思わず何度も深呼吸をしてしまった。

次回は歴史の勉強をしてもらいます。
どうか付いてきてくださいね・・・。


↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment