2 December 2009

To Derry -1 (Antrim) : 荒れ狂ったIrish Sea (Garron Point)


To Derry -1 : Garron Point


朝早くベルファストのB&Bを出発して、ジョージ・ベスト空港へ。
Hartzのカウンターに向かい、日本で予約したレンタカーで北アイルランド西部の城塞都市デリー(ロンドンデリー)に向かう。

途中、旅の目的のひとつであるジャイアンツ・コーズ・ウェイとダンルース城へ寄ることができるので、とてもワクワク!した気分でドライブ開始。

Parkview Lodge (Belfast)

空港から高速道路経由でA8という国道を北東へ走る。
途中、海外初の検問に引っかかったが、特にお咎めなく突破できた。
しばらくすると、広大な平原から急にアップダウンの激しい坂道に出くわす。
そして長くうねった下り坂の道を抜けると、Irish Seaが姿を現した。

Irish Sea

海岸沿いの道路には殆ど車が走っておらず、閑散としている。
また、荒波が打ちつける海岸の先はすぐに高い崖。
とてもじゃないが、人間の住む環境ではない・・・。


少し海岸に降りてみたが、「ザヴァーン!」という音しか聞こえない。
浜風がやたら強く立っているのもやっとの状態。

Antrim Coast Road


デリー(ジャイアンツ・コーツ・ウェイ)に向かうこの道路も、いつ落石事故が遭ってもおかしくないような崖で、日本の国土交通省ならば間違いなく、落石防止の対策をして人工的な風景に変わってしまうだろう。

小さな漁港のある町などを通り抜けると、物凄い断層の山を発見し、再び車を停車。


Garron Point


約9000年前に大きなチョーク層が海に崩れて、3段の断層が分散されているギャロンポイント。
むき出しの大自然にしばし感嘆…。

Garron Point (2)


そして再び海岸へ。
空は青空が広がりだしたが、波は相変わらず岩にぶち当たっていて、凄い迫力!
丁度、潮の流れがこの場所にあたるのかは定かでないが、これまでの中で、このポイントが最も波が荒かったように感じた。

video


足元にまでやってくる荒波と断崖が続く、大自然がむき出しのアイルランド。
さらに先に行くと、思わず息を飲んでしまうような絶景が待っているのであった。

↓↓ 読んで楽しめたら押してください! 今後の励みになります。 ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. はじめまして

    「アイルランドの風景はブルターニュに似ている」とよく言われますが、ほんとうに似ていますね。北アイルランドには行ったことがないので、楽しみに見させていただきます。

    ReplyDelete
  2. Missaさん>
    はじめまして!といいますが、Missaさんのブログをブックマークしていて、よく拝見させて勉強させて頂いておりました(^^)/
    私もブルターニュ地方に次の次の海外旅行で行きたいと思っていたので、嬉しいです!
    (次回はアイルランド1周、その次はブルターニュからスペイン・セルタ・・・ってケルトの旅なのですが(笑))
    これからの項は、北アイルランドという土地柄なのか、少し悲しい話もありますが、ぜひぜひ立ち寄ってきてください!!

    ReplyDelete