28 November 2009

賢いイギリスの歩き方(スコットランド・ウェールズ編)

独り旅の場合、どれだけ安く・効率よく周ることを考えるのも楽しみのひとつです。

随分前に、イングランド移動中心の鉄道・バス利用法を書いたと思いますが、今回はスコットランド・(北)ウェールズ、そして北アイルランドについて書いていきたいと思います。

(飛行機編)

今回はブリテン島とアイルランド島を往復しなくてはならなかったので、2回国内便(ヒースロー→アバディーン、マンチェスター→ヒースロー間は除く)を利用しました。

利便性を考えて行きはFlybeにしましたが、(エディンバラ国際空港→ベルファスト・シティー空港)運賃は10£、しかし諸費用がかさみ、結局40£近くになりました。(約6000円)


しかし、帰りは到着地からの利便性よりコスト!ということで、RYANAIRを利用。
本来ならば、バーミンガム空港を利用したかったのですが、えらく高かった(80~90£)ので、近場のEast-Midlands空港なる場所へのフライトを申し込んだら・・・

運賃5£! Tax 0£!!


諸経費込みでも、25£!!(3700円)で、アイルランドからイギリスに移動できるのでビックリしました☆

数年後、JAL再編関連で日本もこうなるのかな??

(Scotland編)

スコットランドのアバディーン~エディンバラ間は、コーチ(長距離バス)を利用しました。
この区間の距離は、およそ200km以上ありますが、今回の旅では・・・

4£(900円)

で移動できました!
ちなみにエディンバラ市街⇔空港間のシャトルバスと同じ金額・・・。

イングランド・ウェールズはNational Expressが幅を利かせていますが、スコットランドではこの会社がコーチ(長距離バス)を運営しております。

Citylink ~シティーリンク

インバネス~アバディーン~ダンディー~エディンバラ~スターリング~グラスゴーといったスコットランドの主要都市を結ぶ定期便が1時間に1本は運行しているので、安く旅をしたい方は、是非ご利用の程を。
エディンバラ地区は殆ど歩いて観光できますが、現在トラム(路面電車)を市街に建設中です。
ロンドンオリンピックまでに開業するかは知りませんが、中心街以外のスポットにも気軽に行けると思いますよー☆

(Wales編)


北ウェールズは、電車と路線バスを利用しておりましたが・・・

電車は、とっても本数が少ない!!

Camnbrian Coast Trainを利用したのだが、2~3時間に一本の運行で、且つ鉄道の走っている地域は、殆どバスが走っていない・・・ので、列車の時間を計算に入れながら旅を楽しむようにしなくてはなりません。

そんな不便な電車でも、1日周遊券があります。

下の画像で上のチケットに、「Day Ranger」と書いてあります。
これは、北ウェールズ地方の1日鉄道周遊券で、7£(約1000円)で利用できます。
また殆どが無人駅なので、各駅間ごとに巡回する車掌さんから購入できます。

これさえあれば、Holyhead(ウェールズ最果ての地)やBangor、そして古城の街Conwyといったスノードニア地方から、Abertstwyth、そしてMachynllethといった中部ウェールズの街まで自由に乗り降りできます。
(実は車掌さんに教えてもらったのですが・・・)


そして、下のチケットは「Red Rover」チケット。
スノウドニア地方の路線バスであれば、バス会社を問わずに乗り降りできる1日周遊券です。
ちなみに価格は4.95£(約750円)

この地区はやっぱりレンタカーの方が良かったかな??
(あと、ウェールズ語の表記だと、どこに連れていかれるか不安で路線バスを駆使するのを躊躇してしまいましたが・・・)

尚、北アイルランドは残念ながら殆どの移動がレンタカーだったのでお得情報はございません・・・。

強いてあげるなら、アイルランド国境沿いでガソリン(ヨーロッパでは軽油が主流)を入れる時、£(ポンド~イギリス領内)と€(ユーロ~アイルランド領内)の為替を見て、円高感のある方を選んで給油していました。

ベルファストはバスのDay Ticketを買えば周遊が楽になります。値段はウェールズのRED ROVERより安かったと思います。但し、時刻表に記載されている便が突然運休になる場合もありますので、ご注意を。(体験談)

・・・以上、お役に立ちましたでしょうか?

あくまで我流の移動方法ですので、これを参考にして、皆様でさらにお得な移動法を考えるのも楽しいかもしれません(^-^)/

(おまけ)

私はi Pod Touch(i Phoneではない)を持っていたので、3回の旅を通じてWi-fiをかなり利用しました。
3度目の旅はBT-Openzoneの90-minutes Voucherを購入した程です。(£5.88)

Wi-fiの環境内であれば、詳細な地図や(現在地からの)行き先案内も表示できるし、宿探しとかお勧めスポット探しがネットカフェを利用せずに出来るので何かと便利です!

イギリスはWi-fiの使用できる場所が数多くあるので、もし?という方はお勧めです。
また、無料でWi-fiのアクセスが可能な宿もあるので、宿選びの条件のひとつとして加えると良いかもしれませんね。

蛇足ながら、日本―ロンドン間はBA(British Airways)を利用しましたが、メールアドレスをBAに登録していたら、空港内のラウンジ近くで、Wi-fiを無料使用することが出来ましたよ。(今はどうなっているか知りませんが・・・)

Save Money, Enjoy Traveling!!



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment