13 September 2009

Harlech Castle (Wales) : (実は)ユネスコ世界遺産の古城


Harlech Castle


洞窟探検(!?)の後、昨日のパブで教えてもらったハーレック城を訪ねる為に、ウォーキングすることにした。


ALLT-Y-MOR(ここもナショナル・トラストらしい)という海岸を横目にテクテク歩いていくと・・・
(恐らく天気が良ければ、ここからスノードンがデーンっと見えたのだろう・・・)


可愛らしい石積みの邸宅を発見。どうやら市街地に入ったようだ。
うーん、このような邸宅に住んでみたい!

さらに城に向かって歩いてみると・・・


小じんまりとしたHarlechの市街に到着。
観光客もまばらで、土産屋さんも何か退屈そう・・・(笑)
そして、さらにしばらく歩いていくと・・・


崖の上に堅牢な城塞が、町を、そしてCardigan Bayを見下ろすかのように堂々と建っていた。

Harlech Castle


ハーレック城(Harlech Castle)は、1283年にエドワード1世がウェールズ征服の為に建設。
彼はこの一帯の北ウェールズに居城を次々に建設し、現在は「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群」という名で、ユネスコ世界文化遺産に認定されている。


コンウィやカナーヴォンの城塞は昔から知っていたが、このような小さな町にもこんな立派な城塞が立っていることは知らなかった。地元のパブのおっさんに感謝(!?)

ここは、城のメインゲート。
今まで訪ねた城とは異なり、堅牢で威風堂々とした佇まいをしている。


崖の下から城を見上げてみる。
この堅牢な城を見たウェールズの諸侯達は、イングランド(エドワード1世)の脅威に恐れを成したに違いない。


Harlechの丘から城を眺める。
前日のように晴れていたならば、ここから雄大なスノードニアの山々が臨むことができたのに・・・残念。

そして帰り道。
駅で電車を待っていたとき、女性の婦警さんが近づいてきて・・・

「今日は天気悪くて、残念ね~」


と、声をかけられた。

ボクは、

「いつも通りの天気さ。悪くない」

と、カッコつけて答えてみて、その後簡単な会話をしてみた。

本当の目的は職務質問だったのか、単なる暇つぶしの世間話をしたかっただけなのかは分からないけど、鈍行電車の旅はせわしくなく、現地の人達と同じ空気を吸って交流することが出来るから楽しい。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment