30 September 2009

Belfast -6 : 「天国への階段」が初めて演奏されたVenue


To Belfast, To Ulster Hall

~The First Venue in which Led Zeppelin performed 'Stairway to Heaven'.

デヴェニッシュ島をあとにして、一路ベルファストへ戻る。


どこにも寄らずに、高速道路でベルファスト市内へ~♪っと思っていたら、いつの間にか再びベルファスト市街を通過・・・。
もし気付かずにずっと真っ直ぐ運転してしまっていたら、北アイルランドをもう一周する羽目になっていた(笑)


そして何とかベルファスト市街地にあるPark View RodgeというB&Bに無事到着。
これにてアイルランド北部一周の旅、無事完了!!

ちなみに何故どこにも寄らなかったかと言うと・・・


FA Cup Semi-Final Everton vs Man. U

をTV観戦したかった為であった(汗)
(ちなみに写真は「現地」のテレビ画面・・・)
結果は、贔屓にしているエバートンが、PK戦の末に勝利~☆
(しかし、決勝でチェルシーに敗れました。)

でも、よく考えてみれば2チームとも前回の訪英時に現地観戦してたんだった・・・。


部屋で少しくつろいだ後、市街地へ向かう。
北アイルランド議会のあるCity Hallに午後7時前に到着したので既にClosedされていた。残念・・・。


City Hallの近くにあるモミュメント。
誰の像なのか分からなかったけど、何か趣のある感じ。


そして、目的地Ulster Hallに到着。
これまたアイルランド滞在最終日にここに来たかというと・・・。


DovesのGIGを見る為であった~!!

そして、彼らのライブに行くことで、英国4連合王国(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)全ての地でライブを見たことになる。

ついにオイラも!! 

(過去のライブの思い出はココのリンクで・・・日本で観たライブも若干あり)

イギリスで滞在している人ならともかく、旅行者でこのような暴挙をした日本人は、なかなかいないだろうと自画自賛(笑)

ボク自身、東京(関東)以外の都市でライブを観た経験はフェスを除くと、プライマル・スクリーム位しかないと思う・・・。


このUlster Hall(アルスター・ホール)は1862年Openという長い歴史を持ったVenueで、通路に昔のポスターが数多く展示されていた。また、北アイルランド紛争(The Troubles)で多くの歴史的建造物が破壊されたベルファスト市街地にて、この建物は大きな被害を受けずに済んだという。

更にこのVenueは、ロックミュージックとも深い繋がりのある。
過去にここのステージに上がって、ライブ演奏をしたバンドは・・・

The Rolling Stones, The Who, U2, Coldplay, Motörhead, AC/DC (故Bon Scott在籍時含む), Metallica (故Cliff Burton在籍時含む), Pink Floyd (故Syd Barrett在籍時含む)
・・・等々
錚々たる面子のバンドが名を連ねている。

また1971年3月5日、Led Zeppelinが不世出の名曲「天国への階段」(Stairway To Heaven)を初めて公の前で演奏したVenueという、ロック史上重要且つ歴史的な場所なのである。
(ちなみに帰国後、この件は知りました・・・)

今回の旅のテーマのひとつである「Led Zeppelin所縁の地を巡礼する」にも見事に合致。
本当に奇跡的なことが続く☆


会場の壁には、美しい北アイルランドの風景が描かれている。

イギリスのVenueはここUlster Hallといい、いわゆる「ライブハウス然」していないようなアンティークな雰囲気のホールの中で、最高のロックがプレイされている。

以前にも似たようなことを書いたが、こんな「アンマッチ」な場所でカオスティックなUKロックカルチャーが育まれていき、蓄積されているのかな?と、ふと感じた。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment