23 August 2009

Llanfair P.G. -2 : 「黒い森の中の丘」


Bryn Celli Ddu -1


Llanddaniel Fabという名前の小じんまりとした集落をテクテク歩いていく。
すると、小さな看板を発見。
目指すBryn Celli Dduは、どうやら牧場の敷地内にあるらしい。

牧場脇に作られているFootpath(フットパス)を、さらに歩いてみると・・・。


何とも長閑な風景が眼下に広がってきた。
写真を見ているだけで、心が和んでくる☆

そして、さらに小高い丘を目指して歩いていくと・・・

おお~!

ここがBryn Celli Ddu ~ ブリン・セリ・ドゥ!
(「黒い森の中の丘」の意味)


しかし、その歴史的墳墓に羊クン達が占拠していた(笑)
私の姿を見ると、彼らはそそくさと違う場所へ移ってしまったが・・・。


しかし、一頭だけ残り、私を睨み続けて・・・

ヒツジ:「日向ぼっこを邪魔するでないよー!メェ~」


と、少しお怒り気味であった(^^)ゝ


そんな妄想はさておき、このBryn Celli Dduは、BC3000年以前の新石器時代に作られたストーンサークル(丘の周りに作られた環状石柱群)があった場所に作られた羨道墳である。

(羨道墳~Passage grave、新石器時代以前に作られた個別の玄室(遺体が葬られている部屋、空間)に向かって、天井のない低く、狭い通路(羨道:せんどう)がある墓)


羨道の入り口。

この先には一体何があるのだろう。
謎の迷宮にでも繋がっているのだろうか?
それとも黄泉の国への入り口なのだろうか??

続きは次号にて♪


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. ここ、黒い森の中の丘っていう意味だったんですね!
    わたしはぶりん・かひ・でぃーって舌足らずに発音してましたー

    うちの家はTregarthだったんですけど、元彼がLlanfairPGに住んでたのであのへんはよく行ってたんですよーなつかしー><

    ReplyDelete
  2. 「ブリン・カヒ・ディー」が本当の発音なのですね☆
    ふむふむ、勉強になりましたw
    元彼さんが、あそこに住んでいたのですね~!

    ということは、次回あたりに出ているパブに一緒に行ったんかな??
    ボクも(遅すぎるけど)留学したいなー!!

    ReplyDelete