4 September 2009

Snowdon -1 : ウェールズ最高峰スノードンへ


Snowdon Mountain Railway
~Rheilffordd yr Wyddfa~


カナーヴォンに到着して、再度街を離れるためにバス・ステーションへ向かう。

当初の予定では、バンガー(Bangor)経由で、アングルシーという島のHolyheadに向かおうと思っていたが、バス停にLlanberis(ランヴェリス)行きのバスが偶然停まっていた。

心の中のゴーストが何か囁き出して、バスの運転手に到着先を確認したら、ランベリス行きとの事。

ということで、
ランヴェリスからスノードン登山鉄道に乗ってウェールズ最高峰スノードン~Snowdon(標高1085m)に向かうことにした。

実は翌日に行こうと計画していたが、急に気が変わった(笑)
やっぱりいい加減だな、ボク☆


バスで約30分程で、スノードン登山鉄道の出発駅であるLlanberis(ランヴェリス)駅に到着。
オンシーズンだと、観光客で大賑わいで事前予約しないと、列車に乗れないらしいが、本日はガラガラなので、すぐに列車に乗ることができた。

しかし、天候悪化の為、山頂のひとつ手前のClogwyn Station(クログウィン駅)までしか運行されないらしい・・・残念(涙)


列車は蒸気機関車。
深緑のボディーカラーがとってもアンティークで、噴き出している蒸気が何ともいえない位にかわいい♪
この鉄道は「世界の鉄道100選」にも選ばれている位メジャーな鉄道だそうだ。
ちなみに1896年に開業された観光列車だそうです。

チケット代は往復£16.00と、ちと高い。
しかし、10年前(1998年版)の地球の歩き方だと£14.00、Red Rover Ticketは£4.20だから、それぞれ£2.00と£0.75づつ値上がりしている。


車中の様子。
アットホームな雰囲気で、隣のおばちゃんにはスコットランドにあるブリテン島最高峰であるベン・ネイビス登山の話で盛り上がり、向かいの伯父さんには、
「君は学生かい?」(いい響きだ・・・)
等と尋ねられたり、お互いのデジカメ(全員Made in Japan・・・w)を見せあいっこして、「やっぱり日本製のデジカメはいいね~☆」とか色々会話した。



先頭から見た車窓の風景。
登り坂をガタゴトガタゴト・・・と、ゆっくり登っていく。

過去に落下事故やブレーキ故障のトラブルがあった為、ラック式線路にグリッパーシステムを採用しているらしい。


ここは、Rockey Valley。
目の前に巨石が転がっていて、大迫力!


少しづつ終点を目指して山を登っていく。
景色も大分変わってきた。


そして、終点Clogwyn Stationに到着。

・・・本当にクソ寒い!!

雪が積もっていたベン・ネイビスの方が余程温かかったよ・・・(涙)
(それは自力で山登りしていたからだけど)

終点の様子は次号にて!


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. スノードン!!!
    2年前の夏に登りましたよー
    列車も乗ってみたかったです><
    (反対側から登ったので)

    ReplyDelete
  2. スノードン!!っていっても、私は頂上まで行けませんでしたが・・・。
    うぅー!羨ましいです!!
    おまけに山自体も1日しか拝めませんでした><
    行きは登って、帰りは汽車だったらサイコーでしたね☆

    ReplyDelete