2 September 2009

Snowdon -2 : スノードニア登山鉄道の終点


Clogwyn Station (SNOWDON Mountain Railway)


終点のClogwyn Stationに到着!


寒さしのぎで、みんなフードを被っている。
寒いのが大嫌いな私も、当然被っていたが。。。(笑)


肝心のスノードンは完全に雲に隠れてしまい、拝むことができなかった(泣)
なので、周辺の景色をパシャしてみた。
ケアンの先に広がる雄大な景色が何とも美しい。




・・・といっても、私は火山の国「日本」男子(^^)
山々の風景は見慣れているので、そんなにビックリするほどではなかった(汗)

但し、日本の山々とは異なり、(ここやアイルランド・スコットランド等)木が一本も生えていない荒涼とした山々の眺望は、日本ではなかなか見ることができない。
これは緯度のせいなのか、地質のせいなのか・・・。


寒さしのぎ(?)で、機関車を見学することにした。
車両に近づくと石炭の臭いがきついが、温かい。

今回乗車したロータスカラーの弐号機は、とても可愛らしく客車も趣があって、昔にタイムスリップしたかのよう。


ということで、機関室の中に潜入!
室内の機器類は使いこまれていて年季が入っているものの、メンテナンスが行き届いていて今だに現役な雰囲気。

・・・というか、とにかく寒いっ!!

ので、発車5分前には既に暖をとるために乗車してしまいました・・・。


そして、帰路。
車窓から青空が(ようやく)顔を出してきた。
空の色がとても澄んでいて、とても気持良い。


途中のHALFWAYで、機関車に水を補給する為と、電車通過待ちの為停車。
そしてズンズンと山を下りていくと、屋久島にある「飛流おとし」に似た滝を発見。


そして、終点Llanberis Stationに到着。
とても楽しかった蒸気機関車の小旅行でした~☆


乗っていた機関車は蒸気を上げてガレージに戻っていった。
石炭のせいでで黒々とした線路、石炭のすすの匂いを嗅いでいると、不思議とノスタルジックな気分になってしまった。
(といっても、小生は決してSL世代ではありません!)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment